2020 / 07 / 22

記憶の標本
episode no.003

5年以上前のこと。 地下鉄に乗り、家に帰っているとき、 暗い窓に映った隣の女性が 泣いているように見えた。   本当に泣いているのかはわからないけれど、 その時、今この電車に乗っている人すべてに 「今日」という日があったんだと、ふと思った。   今日が平凡に過ぎた人もいれば、 何...

Read more